戦国大河

同盟と手を取り合って天下を統一してやろう!

領地拡大&内政で天下統一を目指す戦国シミュレーションRPG!

「戦国大河」は、一国の領主として内政・武将の強化を行いつつ、土地を占領して天下統一を目指す戦国シミュレーションRPG。

全国のプレイヤーたちと同盟を組んだり、リアルタイムで土地の奪い合いをしていくコトとなる。

織田信長をはじめとする戦国有名武将たちの半生を追体験できるストーリーモードも搭載されていて、各武将ごとの濃密な物語を楽しめるぞ。

内政で富国強兵!支配する土地を増やしていこう!

戦国大河

戦には兵糧も必要!内政もしっかり行おう。

基本システムはクラキン系のストラテジーで、拠点に「水田」「たたら場」などの生産施設や、「屯所」「道場」といった兵力を増強する施設を作り・強化していく。

内政で国力・兵力を高めて軍備を整えて出兵となる。

だが、いきなり他の国や拠点へ攻め込むのではなく、周囲の土地(ヘックスで区切られている)を個別に占領していけるのがポイント。

目に見えて自分の領地が増えていくのは楽しいぞ。

リアルタイムの侵略戦だけでなくソロでも楽しめる!

戦国大河

豪快な信長は、やはりカッコいいなぁ。

前述している通り、本タイトルにはストーリーモードがあるので、リアルタイムの占領戦だけでなくソロプレイでも楽しめる。

内政や派兵など、一度指示を出してから完了までに時間のかかる行動中は、有名武将の半生を追体験して時間を潰すコトも可能だ。

「戦国大河」の魅力は、迫力ある合戦&ストーリーで武将の魅力を堪能できる点

戦国大河

信長の初陣をサポートするじぃ。この当時は木下藤吉郎を名乗っている秀吉も登場。

何といってもストーリーモードが、本タイトルの魅力の一つと言っても過言ではない。

有名な合戦を中心として、武将たちの波乱万丈の人生がドラマチックに描かれている。

また、ストーリーモードの兵力は、実際の兵とは別に支給されるので気兼ねなく戦える点もいい。

合戦を盛り上げる迫力満点の戦闘エフェクト!

戦国大河

旗が立ち並び、ド派手な技が飛び交う!

戦闘はフルオートバトルなので見ているだけの簡単なモノだが、さまざまな演出が飛び出してかなり白熱するぞ。

例えば味方のスキルでバフ効果がかかる時には無数の旗が立ち並び、アニメの必殺技のようにド派手な攻撃スキルが放たれる。

敵を撃破した時の「撃破」の書き文字が大きくドン!と表示されるのは、けっこう気持ちがいい。

意外と入手しやすいレア武将!

戦国大河

戦国最強の娘!良い武将をゲットできたぞ!

ガチャの確率が意外と良く(各★5キャラの確率は1.00~3.00%)、レア武将が入手しやすい。

「10回引く」で★4以上が確定するので、強いキャラは何人かは序盤で入手できてしまうだろう。(ガチャは1回・300金=300円)

兵科(槍兵や弓兵など)ごとにピックアップされているのもユーザビリティ。

ただ、同名の武将でも、装備を装着できる「装備枠」の種類・数がランダムなので、どれを育成するか悩むコトになりそうだ。

    ゲームの流れ

    戦国大河

    城以外なにもない更地からのスタート。

    はやく領民を増やさないと。

     

    戦国大河

    最初のチュートリアルガチャは引き直しが可能。

    マムシこと斎藤道三が出たのでこれでいこうと思う。

     

    戦国大河

    とにかく富国強兵!

    食料に兵員の増強、内政をこなしつつ戦もすすめよう。

     

    戦国大河

    出兵して土地を占領。

    領地を増やして更なる富を得ていこう。

     

    戦国大河

    リアルタイムでの内政や合戦は、実行してから完了まで時間がかかるので、その間にストーリーモードを楽しむ。

    天下統一を目指しつつ、有名武将の生き様を学んでいくぞ!

      「戦国大河」の攻略のコツ

      戦国大河

      便利な「迷ったらタップ」を活用しよう。

      他のクラキン系同様に、本タイトルにも優秀なガイド機能が搭載されている。

      それが「迷ったらタップ」だ!

      名称そのままなので、迷ったらタップしてガイドに従っていこう。

      更に、ガイドで指示されて施設などを作った時は、限界まで施設のレベルを上げておくようにすると進めやすいぞ。

      装備枠の多いキャラを育成していこう!

      戦国大河

      同じ武将もステータスはしっかり確認しよう。

      武将にはランダムで設定される「装備枠」というステータスがあり、これが意外と重要になってくる。

      何が装備できるか、いくつ装備できるかで優劣が決まるといってもいいだろう。

      同名の武将でも、装備枠の数で大きく差が出てしまうぞ。

      まずは、装備枠の数が多いキャラを育成していくように。

      おすすめの記事